新規ブック
10/124

 昨年、「近いうちに家を建て たいけれど、まだ何も決めてな いんです」と話していた平田さ ん。女子部で活動するうちに、 自身でも動き始めました。今年 の夏には地鎮祭を行い、現在、 家づくり進行中です。 ○2011年秋 女子部として活動開始(初登場) ○2011年冬 土地探しに奔走、施工会社を絞り込む ○2012年春 土地を決定し、交渉 ○2012年夏 家の図面でひと夏悩む ○2012年秋 地鎮祭、図面変更、着工 「希望を伝えるのは難しい」 まだまだ気の抜けない毎日です  土地が決まったらいよいよ設計。キッチンに こだわりがあり、女子部の活動中でも、キッチ ンの仕様が気になり、先輩たちにも根掘り葉 掘り聞いていた上で、対面式かアイランド型、 と決めていたそう。  けれども、「匂いがこもらないように」とお 願いしたため、ダイニングと独立型のクローズ ド型のキッチンの間取りが仕上がりました。 「あまりにも図面の絵が素敵で、設計士さんが 満足そうですし、主人もうれしそう。結局、ひ と夏を悶々と過ごし、〝図面を引きなおして オープン型のアイランドキッチンにしてくだ さい!〞と言えたのは地鎮祭が終わったあとの ことでした」と平田さん。基礎がまだだったの で間に合ったようですが、なかなか言い出せ ず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった そう。「自分たちが暮らす家なのに、相手に合 わせて妥協しようとする意識が働くんです ね。家でゆっくり図面を眺め、家族の暮らし方 に合うかどうかすりあわせをする時間がいか に大切かよくわかりました」  「〝いまが一番楽しい時期よ〞と女子部で言 われましたが、渦中にいる私にとってはまだ まだ息が抜けない毎日、そういう点はちょっと 子育てに似ているかもしれません」  これから家づくりを考えている人には、「夢 はかなうもの、ぜひ チャレンジを」と声 を掛けたいですね。  1年前に漠然と家を持ちたいなあと考え、 気になるメーカーにいくつか出掛けた平田 さん。そこで、必ず聞かれたのが〝場所はどち らですか?〞〝予算はいくらですか?〞〝どん な家が理想ですか?〞といったことでした。自 分たちの夢に具体性がないことに気がつき、 家への希望を書き抜いてみると、ご主人と目 線がずれていたことが判明。〝木を多用した ナチュラルな雰囲気〞と〝子どもが遊びまわ れる広い土地〞と、あらためて広い意味での お互いの希望を再確認しました」と話しま す。  また、同時期に、女子部で出掛けたモデル ハウスに一目ぼれ。翌週の日曜日にご主人と あらためて出掛けたそう。ご主人には〝父親 の持つ山の木を使ってほしい〞という希望が あり、その後、“木にこだわった”メーカー や工務店を足しげく回りました。結局、初め に一目ぼれした施工会社が、希望通りに山の 木を使ってくれるということで、ご主人も納 得して前向きに検討するようになりました。 間取りを 決める ▲家族で迎えた地鎮祭 悩んで探した〝土地や場所〞 〝買えない理由〞が 続々登場しました  土地探しにはとっても 悩んだそう。予算があるわけではないので、 市街地はあきらめ、郊外の物件を探しまし た。新聞の広告やポスティングのチラシ、ネッ トで広さと値段を検討し、時間をつくっては 土地探しをしていました。  ふとしたことから探し当てた土地は、「土 地売ります」の看板を見て電話した場所。 “いいね〜!”と喜んだのもつかの間、広大 な土地を一括で買ってほしい、と言われ、「さ すがに無理!」と即答しました。「でも、その 土地に立つと、不思議なくらいにどうしても この土地が欲しい、と気持ちが抑えられな かったんですね。主人も同じ気持ちでした」。  自分たちだけでは無理だったので、施工会 社の営業の方に間に入ってもらったことや土 地を分けるパートナーを探す手配をしたこ ともありました。裏手の山が高さがあるため 家を建てられない部分がある、とか農地法で 購入できない、など、次々と“買えない理 由”が発生し、気分はぐったり。最終的には、 地主さんに了解をもらい、予算の範囲で一部 分を購入することができ、やっと前へ進むこ とができました。  「七転八転しましたが逆にとてもいい条件 で購入することができました。女子部で聞い ていたように〝土地は縁とタイミング〞で手に 入るというのは本当かも。決まってからは小 学校や駅まで歩いて距離や時間を計ったり、 買い物の場所などもチェック。ご近所の方に も挨拶にいき、地域のお話を伺ったりしてい ます」 土地を 決める ▲ご主人の父親が大切に育てていた木。  伐採には家族が立ち会い、末永く大切に使うことを誓いました ▲愛着のわく〝家族の住まい〟をつくるため、できるだけ子どもたちも一緒に見学したり、  参加するようにしています 平田さんの実体験スケジュール 8 いよいよ 家づくり開始 女子部・平田さん 施工会社 を決める まずは夫婦で希望を 書き出して〝理想の家〞 をすりあわせ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です