新規ブック
108/124

自己資金はどれくらい必要?  自己資金は多ければ多いほど健全な 資金計画を立てられますが、資金の多く は住宅ローンで賄うケースがほとんど です。平均的には費用の2〜3割が自己 資金、残りを住宅ローンに依存すること になります。一般的には自己資金を所要 経費の2割程度は確保することが望ま しいとされています。 無理のない返済計画を立てるには?  住宅ローンは返済能力に応じた返済 計画を立てることが鉄則。そのためには 現在の家計を把握するとともに、子ども の教育費など将来のライフプランも考 慮する必要があります。住宅ローン返済 額の目安は年収の25 %が限度とされま すが、年収が少ない場合は25 %以下でも 厳しいことがあるので要注意です。また 昨今の経済情勢を考えるとできるだけ ボーナス併用払いは避け、毎月の返済だ けか、あるいはボーナス払いをできるだ け抑えてローンを組むことを考えま しょう。いずれにしろ、住宅取得後も貯 蓄できる家計が基本です。 固定金利型か変動金利型か?  住宅ローンには全期間固定金利型・固 定金利期間選択型・変動金利型の3つの 金利タイプがあります。固定金利期間選 択型は、当初3年〜20 年間は金利を固定 し、固定金利の特約期間が終わった後は 変動型になる、もしくはもう一度手数料 を払って固定期間を変えるものです。そ れぞれメリット、デメリットがあるの で、現在と将来の金利動向を考慮してど の型を選ぶかを決める必要があります。  全期間固定金利型は他に比べると金 利は高めですが、返済終了までの金利が 一定なので全体の返済計画が立てやす くなります。変動金利型は借入時に将来 の返済額が確定しないので返済計画が 立てにくいですが、先行き金利が低下し ていく時は有利です。固定金利期間選択 型は固定期間終了時に金利が上昇して いることもありますが、当初の返済額を 抑えたい場合は利用しやすくなります。 親からの資金援助は?  親から住宅資金の援助を受ける場合、 以前は贈与税が懸念材料となっていま した。しかし、最近では非課税枠が拡大 され、住宅取得や増改築等の際の親や祖 父母等からの資金援助は平成 24 年中が 1000万円まで非課税となっていま す。ただし贈与を受ける人の所得が年間 2000万円までという要件が付いて います。自己資金が多ければ毎月の返済 がその分減るわけで、親からの資金援助 を受けられる場合はぜひ考えたいもの です。 繰り上げ返済とは?  毎月の返済に加えて、定期的にまと まった額を繰り上げ返済していくとか なりの利息返済額を軽減することがで きます。家と同様、住宅ローンも定期的 にメンテナンスをしてあげましょう。住 宅金融支援機構の「フラット35 」専用の ホームページなどには、新規にローンを 組む場合のほかに、途中で繰り上げ返済 する場合について簡単にシミュレー ションできるコーナーがあるので利用 してみてください。 「フラット3 5」とは?  独立行政法人の住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)と民間金融機関とが提携 して、最長35 年間という長期の全期間固 定金利型の住宅ローンが「フラット35 」 です。借入時に返済終了までの借入金 利・返済額が確定しているので長期にわ たるライフプランが立てやすく、金利が 下降局面に入ってくると割高感を感じ るということはありますが、金利上昇局 面でも安心感があります。「フラット35 」 の金利は提携先の金融機関によって異 なります。  耐震性や省エネルギー性などに優れ ているなど一定の性能を満たす住宅を 取得する場合に、「フラット35 」のローン 金利を一定期間引き下げる「フラット35」 Sもあります。 106  家づくりに欠かせないのが資金計画。自己資金だけで賄える ケースは少なく、ほとんどが住宅ローンを利用することになり ます。せっかく夢のマイホームが実現しても、入居後の生活が苦 しくなったり、途中で住宅ローン返済に行き詰まらないように 確かな資金調達と無理のない返済計画を立てましょう。 資金・借り入れ計画 2531262710%242426121010241

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です