新規ブック
12/124

10 が鍵!? 窓のプランニングでもっと快適&エコな生活 採 光 縦長窓を 有効に使おう 窓の大きさや向きによって採り込める光の 量は変わります。「出来るだけ窓は大きくし て部屋を明るくしたい」という人も多いで すが、構造的に大きな開口が取れなかった り家具レイアウトが難しくなることも。 そういった場合には、縦長窓が有効です。 縦長窓と横長窓の2つが同じ大きさであれ ば、縦長窓の方が部屋の奥まで光を取り 込むことができます。 風通し対角に配置して 部屋全体に風を通そう 部屋の中全体に風が通りやすくするた めには、部屋の中で窓は対角に配置す ること。 隣りとの距離が近い敷地など、どうして も窓に対して正面から風が入らない所 には「風とり窓」が有効です。これは縦 型の滑り出し窓で、ガラスに風を当てて 室内へ風を取り込むことができます。 小さな面積で効率よく採光できる 天窓 「ソーラーV」三協アルミ \101,000(税込) W780×H978mm   ポイント1 熱は外で遮る ポイント2 ポイント3入れない 逃がさない ポイント4ウィンドウ トリートメント で上手に調節 風をコントロール [窓] 夏場、窓から入ってくる熱の大部分は日差しによ るもの。日差し対策をきちんと行い、熱の侵入を防 ぐことが出来れば室内は快適に過ごせます。 オーニングや最近はやりのグリーンカーテン にチャレンジしてみるのも◎ 夏場は熱を入れない、冷気を逃がさない。冬場は 冷気を入れない、暖気を逃がさない。サッシやガ ラスの種類を吟味して選ぶなど、家の断熱性能 も大切な要因の一つです。 →次頁「省エネなガラス」「サッシの 種類」を参考に! カーテンなどのウィンドウトリートメントを上手に 使ってオシャレでエコな窓周りを。 →p12~「ウィンドウトリートメントについて」 を参考に! 自然の風を上手に取り入れることが省エネのポイ ント。風の通りを良くして、朝や夕方などの過ごし やすい時間にはエアコンを切ることで節電にな ります。計画段階から風の通り方を考え、窓の 配置や形を選びましょう。  →次頁「窓の種類を知ろう」を参考に! エコな窓の プランニング ポイント 窓の 基本の 役割 窓といえば、住まいに必ずあるもの。 ただおもむろに配置するだけでなく、上手にサイズや種類を選び、 プランニングすることで、快適性・省エネ性を高めることができます。 窓や窓周りのことを知り、住まい心地に差をつけましょう!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です