幸せな家づくり2013秋
7/115

賢くコントロールすることで・・・ スマートハウスとは、 省エネ×創エネ×蓄エネ  スマートハウスは、太陽光発電や燃料電池といった発電設備を備え、生活に必要なエネルギーをできるだけ自給自足し、無駄なく 使う仕組みを取り入れた新しい住宅設計手法のことです。家庭内でエネルギーをつくる「創エネ」やエネルギーをためる「蓄エネ」、エ ネルギー消費を抑える「省エネ」、それらをIT(情報)機器である「HEMS(ヘムス)」で集中コントロールし、電気やガスのエネルギー を「見える化」したシステムです。 蓄エネ 停電でも頼りになる蓄電池で 電気の貯金「蓄エネ」  蓄電池や蓄電池搭載の車などに 余ったエネルギーをためておくこ と。夜間の割安な電力をためて昼 間に使用、太陽光発電の電力が消 費電力より大きくなったときに蓄電 して夜間に使用するなども可能。 災害時も使えます 省エネ 高気密・高断熱仕様で エネルギーを「省エネ」  家庭内のエネルギーをできる だけ減らすこと。省エネ効果を高 めるためには、気密性・断熱性の高 さが重要です。ガス・石油機器・家 電製品などはエネルギー消費効 率の良いものを選ぶのもポイント 創エネ 太陽の力を借りて エネルギーを創る「創エネ」  エネルギーを創りだすこと。太 陽光発電システムをはじめ、マイ クロ水力発電機や小型風力発電 機、まきストーブ、太陽熱を利用し て給湯するシステムなども創エネ といえます パッシブデザインとは? 自然の力を利用して、 夏涼しく冬暖かく快適に暮らす家の設計  建築の設計手法のひとつ。建物の構造や材料などの工夫によって 熱や空気の流れを制御し,快適な室内環境をつくりだす手法。太陽や 風、庭の樹木、雨などの自然を活用した建築デザインのこと。これらの 性能が合わさることで一層スマートな家になります 「HEMS」モニターで エネルギーの状態を「見える化」 スマートハウスの一番の特徴と言えるのが「HEMS (ヘムス)」という装置。センサーやIT技術を利用して 家全体にどれだけのエネルギーが、いつ、どこで、何に 使用されているかを「見える化」するシステムです。家 全体の電気の消費や流れをPCやタブレットなどで目 で見て確認できます 家の中のエネルギーの 使用量を制御 太陽光発電パネルなどで発電した電気を使うか、ため るか、電力会社に売るか、といった判断を時間帯や蓄 電池の残容量、電気の使用量などを考慮しながら自 動コントロールする「エネルギーの管制塔」。暮らし方 に合わせて自動的にエネルギーの使用量を最適化す る「制御」機能も備わっています ※HEMSには通信機器メーカーのものなど制御機能のないタイプもあります。  詳細は各メーカーでお問い合わせ、ご確認ください。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です