新規ブック
67/132

 テニスコート、ゴルフコース、ホテル・マン ション等がある鹿児島県きっての温泉リゾー ト地・霧島の一画に3月に完成したばかりの Y邸。周囲の自然に溶け込んだ白と茶色の外 観は、ストーブの煙突がアクセント、別荘地な らではのシンプルでしゃれた館です。  県外から移住する Yさんは、悠々自適なセ カンドライフを楽しむために、この地を選び、 親交があった濱田工務店の濱田さんに家づく りを任せました。  「〝大きな吹き抜けのリビング〞に〝薪ス トーブのある暮らし〞が楽しめる家をご希望 でした」という濱田さんの言葉通り、玄関を 入ってすぐのリビングは、開放感溢れる吹き 抜けに圧倒されます。無垢(むく)材のナチュ ラルな風合いと大きな梁(はり)、採光のため のガラスからは、やわらかな光が差し込んで きます。レンガで囲んだコーナーには、待望の アメリカ製の薪ストーブを置きました。空気 を循環させるために天井でゆったり回るファ ンも、穏やかなときを与えてくれるようです。 和室は、市松模様のように中央に敷いた琉球 畳がアクセント。これらのスペースと一体化 したウッドデッキは、庭に下りれば、都会暮ら しをしていた奥様が、花や野菜を育てるのを 楽しみにしている家庭菜園が…。ダイニング の壁面には、 I H対応のI型キッチンを設置 しました。  そして、霧島に住むメリットの一つが「 24時 間温泉ライフ」。自宅にいながら、バスタブの 蛇口をひねればいつでも温泉が出るぜいたく は、この地に居を構える醍醐味と言えそうで す。2階は、主寝室とお嬢様の部屋、窓から高 千穂の峰を望めるご主人の書斎になっていま す。 65 幸 せな 家 づくり 外 観 ▲茶色と白の2トーンのシンプルな外観に薪ストーブの煙突がアクセントになっています 悠々自適なセカンドライフ 穏やかな空間で 日々健やかに ▲玄関は上がり口に手すりを付けてあります。サイズを合わせ  て造ったニッチ棚には好きな絵を飾ります ▲見た目にも暖かな薪ストーブは、曲線と直線の調和が  美しい洗練されたデザイン

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です