新規ブック
93/132

「自分たちが主となって、大工さんや 建材屋さんなどの専門工事業者に発注 する “オープンシステム(分離発注方 式) ”の本を読み、この方式を取り入れ て いる建築士の永岩さんに自分からコ ン タ クトをとりました。話を聞くほど に、 この システムの良さを実感し、施工 が始 まってからも主体的に家 づく りを しているという実感がありました」と 夏迫 さん。奥様の春美さんも「キッチン にはこ だ わりがあり、タイルで私仕様の アイラ ンド キッチンを 造って もらいまし た。汚れにくいよう目地を工夫してくれ るなど仕事が丁寧で出来映えも大満 足。冷凍庫 の高さに造作棚を 設えて も らったり、 夢が全部 かな いました」とう れしそう。現場か らのアイデアがダイ レクトに届き、 よ り暮らしやすい家へ とステップアップ していったそうです。 「従来の “元請け一括方式 ”と違い、か か る費用が細かく見えますから、お金 の 掛け どころが 分 かります。お客様の 希望を予算と照らし合わせ、的確なア ドバイスで、ご希望通りの納得のいく家 になるようマネジメントを行います。家 は家族のありようまで変えてしまうも の、 10年後 20年後まで見据えてローコ ストの家 を 賢く建てるお手伝いをいた します」と ユニテクノスの永岩さん。 「これから 外回りを自分で作っていくの が楽しみ」という夏迫さんと、施工後の 細かい相談にも対応しアフターメンテ ナンスまで行う永岩さん 。 これからも長 い付き合いになりそうです。 ▲動線を考慮されたドアが二つ。子ども部屋にあがる階段にも目が届く位置にあり、  もう1つはキッチンへの直行ドアです ▲長男の雅矢君のお気に入りの子ども部屋。横では  春美さんが趣味のイラストを描いたり絵本を製作  したり。お母さんの横だと宿題もはかどります ▲リビング横には和室までつながるウッドデッキ。直接  日差しが入らない絶妙な配置に〝軒(のき)〟を設けた  「環境共生住宅」ならではの設計です 資料請求→巻末ハガキ No.26 株式会社 ユニテクノス 株式会社 ユニテクノス 本社/鹿児島市紫原3丁目3-3 TEL/099-252-7171 http://www.uni-technos.net □一級建築士事務所登録番号/鹿児島県知事 第1-20-70号 □取扱業務/設計・監理 □取扱工法/在来工法 D.A.T.A F.I.L.E 2 D.A.T.A F.I.L.E 3 ▲リビングの角に設けられた造作棚に散らかりがちなものを収納し、いつもすっきり。キッチンにいる奥様との会 話 も弾みます 鹿児島の自然や環境、風土に合わせ、 “太陽、風、光、空気、土、水などを住宅設計に 最大限に生かした「環境共生住宅」を造る” という㈱ユニテクノスの施主さんへの想いが、 ご家族の健やかな暮らしぶりから うかがえました。 from E ditor ライターの目線から 91 株式会社 ユニテクノス 永岩 忠洋さん 施主と職人が直接契約していただき(これを分 離という)、施主のパートナーとして設計から完 成までの監理を行います。ハウス会社などより 20%のコストダウンができ、仕様に おいてもワンランク上の住宅作りを 行っています。 自分が中心になった家 づく り、 優秀なマネジメントがあってこそ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です