幸せな家づくり 2014 Autumn
101/154

株式会社 サンタスホーム中村 勝次さん 1F A 99 キッチンのカウンターは、家族の憩いの空間。リビングや和室への動線 もいいですね 2階のフリースペースには机や本棚をおいて勉強や趣味を楽しめます リビングダイニングはフルオープンのサッシを開けることで広々。 ウッドデッキにつながっているので開放感があります 対面キッチンは目隠しの収納術で雑多なものも目立たず、お掃除も 楽々 しっとり落ち着いた和室からは美しい緑を満喫。裏には3畳分の納戸 もあり、スッキリとしています 外観はダークグリーンとアイボリーのツートーン。植栽と見事に調和 しています 幸せな家づくり2014 Autumn B C D E A BC D E F 株式会社建築工房 匠福迫 健さん子 どもたちとの時間が長く取れて楽しい 家事機能満点のわが家  木々の緑と珪藻土塗りの白い外壁が落ち着 いた雰囲気の外観。玄関を1歩入ると、きれいな 杉の柾目材を使用した、床から天井までの玄関 収納があります。シューズはもちろん帰宅して すぐ、コートやバッグを入れるクロゼットとして の機能もあり、広々とした空間になっています。  天井の梁(はり)を見せることで高さを出し たリビングダイニングには全開放型の窓を配置。 屋内・屋外が「デッキ」と一体になり、広々開放的 です。このデッキには大きな軒の代わりになる 透明のアクリル板の屋根を付けることで、採光 を確保。さらに降り注ぐ雨や火山灰の心配もあ りません。寝室横にはこのデッキにつながるサン ルームも配置され、共働きの家庭でも安心して 洗濯物を干すことができます。また、階段壁面 にある2本の柱を生かして、本の大好きなご主 人の本棚を設け、無駄のないつくりに。ちょっと した配慮がうれしいですね。  奥さまお気に入りの対面キッチンは大きなカ ウンター付き。食事の他、まだ幼い子どもたち は、こちらでお絵描きや勉強もできます。雑多に なりがちな食器類は造り付けの食器棚や戸棚 にしまって大きな扉で目隠し。家全体がすっきり 片付くようになっています。落ち着いた和室の 奥には大きなクロゼットもあり、転勤の多い家族 にはうれしい配慮です。 F 初めに取り組んだのは、建築予定地の場所の環境 でした。隣接した既存の家と後ろのアパート、家の前の バス停と様々な問題がありましたが、それを考慮し、 光や風を採り込んだ一番いい形でご提供できました。 南面は、幹線道路と隣家に接するため、土地に対して 建物の向きを変えました。そうすることで、視線が気に ならないプライベート空間を確立。また庭を取り込ん だデザインにサンルームなど機能性も考慮しました。 2F ファミリースペースとして 設けた空間に、一枚板のカ ウンター材を取り付けるこ とで、融通のきく空間にな りました。 プランニングコンセプト 幼い子どものいる共働きのご夫婦にうれしい機能満 載の家でした。帰ってきたとき、本当に居心地のいい 場所になっている家は、家族に笑顔を運んでくれた ようです。 from Editor

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です