幸せな家づくり 2014 Autumn
105/154

2F 1F A 103 珪藻土の塗り壁、杉柾の浮造りの床、杉の大黒柱など、自然素材を使 い、建具も全て職人の手による造作です。以前住んでいた家の手すり 格子や欄間をアクセント使いしています。踊り場には裁縫スペースを設 けました 浴室の外に、季節の移ろいを楽しめる、粋な坪庭をしつらえました。湯船 につかりながらゆったり眺めれば、リフレッシュできそう IHキッチンは、大きなワークトップで作業がはかどります。床は御影石の バーナー仕上げ。LD、デッキテラス、芝庭まで見渡せるので、子どもが 遊んでいる姿を眺めながら、食事の用意ができます 落ち着いた雰囲気の和室。通りに面した側には、飾り棚を挟んで上・下 に窓を付け、視線に配慮しました 5.8kWの太陽光発電を搭載した大屋根が印象的なモダンな外観。子ど もが伸び伸び遊べるよう芝生を敷いた中庭は、フェンスで囲ってプライ ベート感を高めています 幸せな家づくり2014 Autumn B C D A B C D E 一級建築士井之上 由美子さん 加世田事務所(有限会社 ゆうあいプラン) 動線と大容量収納で育児と家事をサポート 夏涼しく冬暖かい〝ゼロ・エネルギー住宅〞  家の完成とほぼ同時期に待望の第二子が 誕生したAさん一家。子育て奮闘中のご夫妻 に担当の井之上さんが提案したのは、家事 負担を軽減し、小さい子どもにも目配りがで きる、動線を考慮した間取りでした。  玄関は家族用とゲスト用に分けたセパ レートスタイルです。収納、LDK、寝室、 水回り、干し場という効率的な回遊動線が、 家事と育児をしっかりバックアップ。来客 時は、玄関から和室へ通せば、片付けの手間 が省け、プライバシーも保たれます。  自然素材の風合いを生かした居心地の 良いリビング。デッキテラス、芝庭まで、室内 と外の連続性を持たせた空間設計が、開放 感を際立たせています。キッチンから全て 見渡せるので、料理をしながら家族との時間 を共有できます。踊り場に設けた〝裁縫スペー ス〞にも注目です。「家族の様子を見ながら 作業できるスペースです。ミシンをいちいち 片付ける面倒もありません」と、女性の建築家 ならではの細やかな心配りが感じられます。  「服や玩具、節句の道具など、出番が少ない 季節の物やかさばる物は、とりあえず小屋裏 に運びます」と、奥さまも大満足の収容量 です。  A邸は、国土交通省の「住宅のゼロ・エネル ギー化推進事業」の基準をクリアした省エネ 住宅。夏涼しく冬暖かい外断熱工法の住まい で、かけがえのない時間を快適に過ごせそう です。 施主様が独身のころから、自然素材を使った家を建てたいとい う意向をうかがっていましたので、スムーズにプランニングで きました。夏涼しく、冬暖かい外断熱工法を取り入れ、体と心 に優しい良い家づくりを提案しています。「分離発注方式」を採用 し、価格、品質、居住性、いずれも満足のいく個性派住宅を目指 します。  収納を重視したフロア です。屋根の勾配に合 わせた小屋裏収納とク ロゼット、可変性のある 子ども室を配しました。 駐車場から玄関、LDK、寝室、水回 り、干し場という家族用の回遊動線 と、玄関からすぐに和室という接客を 意識した動線をプランニングしました。 キッチンと裁縫ルームから子どもに 目配りできます。 プランニングコンセプト 実家の杉を燻して裁縫ルームのカウンターや子ども室の机を造った り、以前の家の格子と欄間を用いたりなど、ご夫妻の〝想い〟が随所に 込められたお宅です。にぎやかな笑い声が聞こえてきそうです。 from Editor クロゼット 洋室2 吹抜 WC 洋室1 小屋根裏収納小屋根裏収納 裁縫 スペース 寝室 押入 収納 棚板 パントリー クロゼット WC UB 脱衣室 玄関 LDK 和室 棚 収納棚 収納廊下家族用 玄関 仏間押入 デッキテラス デッキテラス E

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です