2014S 住宅本
109/132

 うららかな春の日差しの中、どこか懐かしさを感じる佇まい。オレンジ色の瓦と外壁に貼られている杉板は、大工職人の腕が試される鎧張り。一枚一枚丁寧に仕上げられていました。 リビングダイニングはまるでログハウスのような大きな梁(はり)の印象的な天井勾配を生かし開放的な空間に。ご夫婦の希望である「自然の気候に任せ、自然素材を生かしたエアコンのいらない家」を実現するため、床・天井・壁の全てに3・の杉板を使用し、その外側に空気の層を作ることで断熱効果を確保。 また、東西南北のあらゆる窓から風の通る設計に。寝室などの窓も奥行きのある格子を付けて片側に寄せ、ロックすることで外からの視線を守り防犯にも一役買っています。さらに障子を付けることで光の美しさのコントロールと断107 106施主・設計・職人が挑戦した・断熱材を使わない_自然素材の家2年くらい前から家を建てることを考え、本来人間が生きている自然な形の空間を実現したかったので、自然素材を使用した「断熱材を使わない」家を建てました。障子や建具も気に入っていて、これからの暮らしがとても楽しみです。住まいる玄・新築330.49・(99.97坪)無指定木造軸組工法夫婦94.40・(28.54坪)70%400%設計期間/6カ月 工事期間/6カ月建容延床敷地用途新資料請求→巻末ハガキ No.18住まいる玄鹿児島事務所/鹿児島市谷山港1-3-36-2階TEL/0120-679-146加世田事務所/南さつま市加世田東本町18-9TEL/0993-58-2217http://www.e-house.co.jp/smile-gen□建築業許可番号/鹿児島県知事(般-23)第8624号□一級建築士事務所登録番号/           鹿児島県知事第1-25-240号□取り扱い業務/注文住宅、リフォーム、古民家再生、社寺建築□取り扱い工法/木造軸組在来工法D.A.T.A F.I.L.E 2D.A.T.A F.I.L.E 3★ここが、私たちのお気に入り幸せな家づくりご夫婦で熱心に家のことを考え自然素材のみで建てた家。杉板を工夫することで断熱効果を生んだり、格子や障子などの日本古来の物の生かし方を学びました。fromEditor ライターの目線から▲リビングダイニングは木目のグラデーションの美しい床と勾配天井で開放的で安らげる雰囲気D.A.T.A F.I.L.E 11階自然素材を生かした断熱効果のある家というご希望にお応えして、厚さ3cmの杉板を天井・床・壁などに使用。その外側に通気層を取り、木材を断熱材代わりに応用した通気工法にしました。□プランニングコンセプト▲障子の造作の美しい寝室は格子窓で視線と防犯を兼 ね、エアコンも不要▲ヒノキの壁のバスルームは爽やかな木の香りで 癒やし効果も▲2階の小屋裏収納も小窓と格子で通気性を考慮。 快適な空間に熱の役目も。 ツートーンの美しい手作りキッチンや洗面所、ウオークインクロゼットにはさまざまな建具の造作が見事に配置され、使いやすいように工夫されていました。 2階には小屋裏収納もあり、大容量の収納も可能に。また小窓や格子を工夫して付けてあるので風通しもよく、窓からは田園風景や山々などの風光明媚(めいび)な借景に自然との一体感を感じることのできる家です。自然の風・光を利用した本来の家を実現▲先人の知恵である鎧(よろい)張りの趣のある外壁の印象的な外観「断熱材のいらない家」ということで、いろいろと工夫してみました。実際に施主様と何度も打ち合わせや相談をして理想の家になったようです。ご希望に添う家づくりを心掛けていますので、お気軽にご相談ください。加世田事務所(有限会社 ゆうあいプラン)井之上 由美子さん一級建築士外 観▲建具職人手作りのキッチンは個性的で収納力抜群納戸1小屋裏収納1小屋裏収納2納戸2吹抜UBWC脱衣室洋室クロゼット玄関LDKデッキテラス収納1F2F

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です