2014S 住宅本
21/132

★ここが、私たちのお気に入り 暖かい春の日の青空の中、一際目を引くかわいらしいオレンジ色の陶器瓦。「実家と同じ色の屋根にしたい」と奥様の希望でセレクトされたもの。また、それに合わせて何度も検討して決めたモカ色の壁、アクセントのアンティークレンガは、家族の新しい家に対する思いを感じます。 玄関を一歩入ると一転して、黒焼きの杉板の風合いが印象的な大人の落ち着いた雰囲気に。天井・床・壁と全てを同じ素材で造作された統一感のある空間です。「コートクロゼットやシューズクロゼットで、雑多なものも収納可能で便利です」と奥様。確かにスッキリとして掃除も楽にできてしまいそうです。 まるで古民家のような太い梁(はり)に広々とした勾配天井のリビングダイニングは、一番高いところで5mを超え、より開放感を演出。ところどころ壁の梁を見せる真壁工法は、レトロ感たっぷりでおしゃれ。この雰囲気に来客者もついつい長居してしまうそうです。壁に掛けられた時計は、友人からこの家に合わせてプレゼントされたもの。すてきに時を刻みます。ご主人や奥様は二人とも、「やっぱり、ゆっくり座って過ごすのが一番落ち着く」と、家族の集まる楽しいリビング中央には琉球畳を配置。また、便利なキッチンのカウンターは、子どもたちが気軽に朝食や勉強のスペースとしても活用。カウンター上の自在に位置を変えることができるスライド式の照明も機能性抜群です。19 18エコ&健康に配慮した素材で新しいスタイルの融合する家楽しい家新築321.03・(97.1坪)第2種中高層住居専用地域木造在来軸組工法夫婦+子ども2人97.71 ・(29.5坪)60%200%設計期間/2カ月 工事期間/4カ月半建容延床敷地用途新幸せな家づくり外 観▲奥様お気に入りのモカ色の壁にオレンジ瓦、可愛らしいアンティークレンガの個性的な外観▲リビングはしっとりと落ち着いた古民家風の趣のある雰囲気で、時のたつのを忘れてしまう空間D.A.T.A F.I.L.E 11階リビング・キッチン・サニタリー・和室と回遊できるように動線を考えています。健康に配慮した素材と機能性のある建具にこだわり、安らげる場所となるように工夫しました。□プランニングコンセプト落ち着きのある癒やしとゆとりの空間▲玄関は床・壁・天井、そしてシューズクロゼットまで、同じ種類 の木材に統一され、まるで旅館のような趣▲サニタリーには、収納棚やモザイクタイル仕様のおしゃれ な造り付け洗面台子どもたちもお気に入りのリビングダイニングは、お友達もたくさん呼べる広々としたスペース。大好きな黒焼きの音響熟成木材のしっとりとした趣と幻の漆喰(しっくい)で快適な住空間になりました

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です