2014S 住宅本
35/132

 ご夫妻からの要望は「大屋根」「階段はリビングに設える」「対面キッチン」の3点。その念願の「大屋根」が田園風景にひときわ存在感を放つF邸は、重厚な木目の玄関扉をくぐると漂う木の香りで、思わず深呼吸したくなる心地良さです。 仕切りでゲスト用と隔てられた玄関には、将来家族が増えても十分な収容力がある収納も。天井の勾配を利用した吹き抜けが開放的なリビングは、イヌマキの大黒柱を中心に、木目が美しいベニタブのテーブル、ソファなど造作家具が目を引きます。「家族の様子を見ながら家事や仕事をしたい」という奥様の要望通り、大きめの対面キッチンからは、リビング・和室だけでなくガラス越しの風景まで視界が開けます。▲ご主人の書斎は、趣味を楽しむ隠れ家のようなスペースです32資料請求→巻末ハガキ No.17株式会社 住まいず本社/霧島市隼人町内山田1丁目5-7(隼人郵便局前)TEL/0120-43-4910http://www.sumais.co.jp□建築業許可番号/鹿児島県知事(般-21)第12792号□一級建築士事務所登録番号/鹿児島県知事登録号1-25-110号□宅地建物取引免許番号/鹿児島県知事登録(4635)号□取り扱い業務/建築に関わる企画・設計・施工・監理メンテナンス□取り扱い工法/在来工法D.A.T.A F.I.L.E 2D.A.T.A F.I.L.E 3両親が大切に育てた木をさまざまな形で生かしながら家庭を築いていきたい、という思いがすてきです。木の香りとぬくもりが気持ちも穏やかにしてくれるようです。fromEditor ライターの目線から33お客様の山の木を使った家づくりを得意にしており、山の木がない方もかごしま材をふんだんに使った空間づくりをします。 吹き抜け天井で開放感溢れるリビングは、落ち着いたトーンの中に、球形のペンダントやスポットライトがモダンなアクセントに▲将来を見越した子供部屋。仕切り可能▲2階からもリビングを見渡せる、家族のコミュニケーショ ンを大切にした間取り▲奥様の仕事スペースはアーチを描いたこだわり の仕切りがおしゃれ ・ラク家事動線_も共働き夫婦にはうれしいポイント。一角にパソコン、本棚、ファックス等をコンパクトにまとめた奥様の勉強スペースを設けました。曲線を描いたアーチ風の仕切りがお気に入りとか。 「家族の出入りが確認できるように、階段はリビングにとお願いしました」 2階は、将来の生活スタイルの変化に対応できるよう準備した、仕切り可能な広いスペース。障子を開けると眼下にリビングが見渡せ、隔たりを感じさせない大きな空間です。脇には・遊び心_をくすぐる隠れ家のようなご主人の書斎。小屋裏収納もうれしいですね。 「相性が良かった、の一言に尽きます」とご夫妻。ステップを一つクリアする度に満足と期待が膨らんだというマイホームが完成しました。 ご両親から受け継いだ絆に守られた、穏やかな暮らしのスタートです。株式会社 住まいず有村 康弘さんシンプルで飽きがこない上質な空間しっくりなじむ手作りの心地良さに癒やされる▲木をふんだんに使ったトイレ。おしゃれな木目の 作り付け棚がすてき▲透明のアクリル板で仕切った作り付け棚。奥には パントリーもあり収納力も十分幸せな家づくり

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です