2014S 住宅本
50/132

 白木建設が考える「こだわりの満足の家」には、制震対応の強い構造、遮音・断熱性、価格、保証システムなどがあります。 「構造などについても、ご夫妻でよく研究されていました」という白木さんの言葉通り、M邸も見えない部分の素材や構造にこだわった「ハイブリッド工法」です。地震や台風などの他、加重に対しても格段の強さを誇るため、10kWの太陽光パネルの設置も可能に。売電収入にもつながり、家計にも環境にも優しい住宅になりました。 鹿児島の気候と風土に適応させるため、断熱材にはセルロースファイバーを使用。断熱性能に加えて遮音性や調湿▲2階からは正面に桜島がくっきりと見え、奥様お気に入りの 場所です48資料請求→巻末ハガキ No.14株式会社 白木建設本社/鹿児島市平之町12-29TEL/099-226-0710http://www.shiraki-kensetsu.com□建築業許可番号/    鹿児島県知事一般建設業(般-23)第13458号□宅地建物取引免許番号/鹿児島県知事(2)第5611号□取り扱い業務/注文住宅の設計、管理、施工、建売住宅、       増改築、不動産売買の仲介□取り扱い工法/木造軸組ハイブリッド工法D.A.T.A F.I.L.E 2D.A.T.A F.I.L.E 3控えめなトーンが上品で柔らかな雰囲気を醸すM邸。ご家族のライフスタイルに配慮したクオリティーは、施主様と施工主様の良好な信頼関係から実現されたのではないでしょうか。fromEditor ライターの目線から施主様のご希望に沿った・満足の家・づくりに誠実に取り組ませていただきました。「確かな技術」「人にやさしい施工」「適正価格」をモットーに責任感を持って、さまざまなご提案をしています。▲シックな雰囲気の主寝室には、使い勝手の良い広い ウオークインクロゼットがあります効果も高い上、ホウ酸を含んでいるため耐火性と防虫性にも優れています。また、一級建築士である棟梁が構造を厳しくチェック。家族が長く暮らす家だからこそ、追求したいクオリティーの要件を満たした家といえそうです。 「夫婦どちらが家づくりの主導権を握ったかというより、・白木建設さんの提案_がすんなり好みにはまったので自然に一つの結論がつかめました」とご夫妻。ご家族の生活スタイルに寄り添った間取り、仕様、強度に至るまで、高い性能に裏付けられた品質に大満足のご家族です。株式会社 白木建設白木 操さん家族が長く住まう家確かな構造と強度の「ハイブリッド工法」▲将来に備えて仕切り可能な子ども部屋。今は広々空 間で姉妹が仲良く遊んでいます▲対面キッチンで、家族とおしゃべりしながら家事がで きます。背面のモザイクタイルはおしゃれなビタミン カラーのオレンジ▲ 床の間とつり押し入れで、広さが感じられます。竹 編みのような天井にも心が和みます▲乾燥機能付きのバスルーム。大きなバスタブでゆっ たり疲れを癒やせそうです▲ご主人たっての希望で、書斎を寝室横に設けました。 ブラウンとネイビーの色調で落ち着いた雰囲気に幸せな家づくり

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です