2014S 住宅本
55/132

 リビングは、ご主人が選んだブラウンのクロスに、奥様のハンドメイドのアート風の家族写真が飾られています。この場所でお子さんを遊ばせながら、ソファでうたた寝をするのがご主人の至福のひととき。3階は子ども部屋と寝室。子ども部屋は、オープンフロアにして変化に対応できる間取りにしました。各階に必要な収納スペースが確保されているため、収納スペースには実家の荷物を入れてもまだ余るというほどの余裕ぶりです。しかも、商業地域であり幹線道路が近い、ということを忘れるほどの静けさです。 ・冬暖かく、夏涼しく_の快適な暮らしのために、断熱性能基準は最高基準の4等級を取得、窓には遮熱性能の高いLow -e(ロー・イー)ガラスを使用しました。耐震は、建築基準法の1・25倍の強さである2等級。鹿児島の気候や風土に合った52資料請求→巻末ハガキ No.28株式会社 盛洋建設本社/鹿児島市下荒田3丁目30-18TEL/099-256-0698http://www.morihiro.jp/□建設業許可番号/鹿児島県知事(般-25)第2530号□取扱業務/建設設計、建築工事、リフォーム、      リノベーション□取扱工法/在来軸組工法D.A.T.A F.I.L.E 2D.A.T.A F.I.L.E 3女性が憧れる要素がいっぱいのすてきな住まい。ご家族のサイズに合わせて家具や収納が造られているので、奥様の動線がスムーズ。・二世帯の家族が笑顔で 暮らせるようになってうれしい・というご主人の愛に溢れた家でした。fromEditor ライターの目線から53高さも幅も奥行きも好み通りに仕上げてもらった、奥様お気に入りの洗面台。丸い鏡が印象的で、ニッチにセンスのよい雑貨が飾られています木材を使う「かごしま緑の工務店」にも登録し、ECOを考えた家となりました。 最後にご主人が「家は大きな買い物ですが、大切な基礎や構造などは私たちではなかなか分かりませんよね。そういう意味でも、住み始めてからも・何か気になるところはないですか?_と連絡をくれる川_さんには全面的に信頼を寄せています。職人さんの技術の高さとフットワークの軽さが魅力ですね。予算も最初から細かいことを教えてくれて、あとから出費が増えることはありませんでした。これから家を建てる人へ自信を持って紹介したい人です」と笑顔で教えてくれました。・冬暖かく、夏涼しく_快適な暮らし40年の確かな技術が生きる家▲ダイニングのカップボードに合わせて造ってもらったキッチンは使い勝手が抜群。 幅広のカウンターは、パンやクッキーをこねるのにも便利です▲アーチ形の入り口がおしゃれ。家族の写真を加工 したり、料理のレシピを検索したり、リビングの家族 と語らいながら作業できるパソコンスペースです▲3階はお子さんが思う存分走り回れる広々空間。 いずれは間取りを変更することも可能▲ブルーの壁が個性的な家事室。 天窓からの光で明るく爽やかなスペースとなり ました▲タンクレスの機能的なトイレに、クラシカルなアイアン のペーパーホルダーの組み合わせ。小さなスペースに も若いご夫婦らしいアイデアが生きています▲クロゼットは、分かりやすく、取り出しやすく、収納と いうよりディスプレイされているかのよう。奥様の ・見せる収納力・のセンスの良さが光ります株式会社 盛洋建設代表取締役川_ 啓二さん創業40年。鹿児島の木の良さを最大限に生かした木の家づくりに力を入れています。施主様のご希望をすべて取り入れるようにして、土地探しから、プランニング、施工、アフターメンテナンスまで誠心誠意真心を尽くします。一棟入魂 !幸せな家づくり

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です